のぼりを長期間使うには?耐久性アップのコツ

のぼり旗の制作応援サイト

のぼりは雨風や日光が劣化の原因に。刺激や衝撃を避ける設置の工夫が大切です。のぼりが傷んだら、速やかに買い替えをしましょう。

のぼりの制作応援サイトのメイン画像

のぼりを長期間使うには?耐久性アップのコツ

のぼりは使用頻度が多いほど、汚れやほつれが気になるもの。

少しでも長い時間使うためには、保管の工夫が必要です。

本記事ではのぼりを長持ちさせるコツと買い替えのタイミングについてお伝えします。

◆のぼりが傷んでしまう理由のぼりは屋外に設置する機会の多いアイテム。

日光や雨風など、外の刺激を多く受けるため、傷みやすくなってしまいます。

紫外線はのぼり生地の色褪せの原因となります。

また、毎日風を受けると、衝撃で傷やほつれが生じてしまうことも。

のぼりはなるべく刺激を与えないよう使用するのが、長持ちをさせるポイントです。

◆のぼりを長持ちさせる5つのポイントのぼりを長期間使用するには、以下の点に気をつけましょう。

① 直射日光に当たらない場所に設置する② 設置場所に壁や障害物がないか確認する③ 屋根のある場所を選ぶ④ ほつれを防止する加工を施す⑤ 保管に気をつけるのぼりは、雨風や紫外線が当たらない場所に設置するのがいちばんのポイント。

設置場所に屋根がない場合は、傷まないように加工を加えるのも手です。

のぼりの使用後は出しっぱなしにせず、しわにならないように軽くたたんで屋内にしまうことが大切です。

◆のぼりは定期的な買い替えがベストのぼりは素材の性質上、ほつれを縫って修繕することは難しいとされています。

汚れた場合も洗濯すると生地が縮み、かえって劣化する恐れがあります。

もしのぼりが傷んでしまったら、下手に修理するよりは買い替えることをおすすめします。

定期的にのぼりの状態をチェックし、タイミングよく買い替えるようにしましょう。

のぼりを長く使うには、衝撃を避けて丁寧に保管することが大切。

それでも傷んでしまった場合は、修復を試みるより定期的な買い替えで交換するのがおすすめです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

サイトコンテンツ

メールフォーム

あなたの声をお聞かせください!

お名前

性別

年齢

メールアドレス

内容


Copyright (C) http://www.blogdofu.net/. All Rights Reserved.